アフターピルの病院での値段はいくら?

アフターピルを病院で処方してもらう場合の値段は診察料も含めると5000円~15000円程度となります。

なぜ、ここまで値段の差が大きいのか?と言いますと、アフターピルの処方を
行っている病院によって診察料が必要な病院とそうでない病院、
アフターピルの種類による値段の違いやジェネリック薬の取扱いの有無によって
最終的な値段が変わってきます。

もっとも値段が安いのはヤッペ法のアフターピルの処方になるでしょう。
ちなみにヤッペ法は昔から使われている避妊法ですが、副作用が多いので
最近ではノルレボを選択する方が多いです。

また、病院によってはアフターピルを処方した後に妊娠が発覚した場合は
アフターピルの料金を返金したり、学割などを行っている病院もあります。

もしアフターピルを安く購入したいなら自分で個人輸入がおすすめです。
72時間のタイムリミットがあるので、緊急時には個人輸入すると間に合いませんが、
万が一の備えとして常に持っておくと安心です。

自分で個人輸入する場合は1箱1000円程度で購入できるので金銭的な負担も少ないです。
緊急で購入する場合はオンライン処方も一つの手段ですが、値段は若干割高になります。

参考:アフターピルはメルカリで買っちゃダメ!おすすめの購入先は?

コメントは受け付けていません。