かけはぎ

いつだったかクリーニングに出したスーツがなぜか一部分解れて返ってきました。
自分の記憶の中ではクリーニングに出す前にはそんな解れはなかったと思うのですが
きっと破れているとクリーニング屋に持って行ってもどっちが悪いかという水掛け論にしか
ならないような気がしたのでそのまま放置していたのですが自分の持っているスーツの中では
一番高いやつだったのでそのままにしているのは勿体ないということで直すことにしました。
普通洋服に解れとか破れとがあったらそのまま捨てたりするので直すのは初めてです。
ネットで検索をすると近くのスーパーの中に洋服の直しをやっているところがあったので
そこに持っていったのですがそこでの値段提示がかなり曖昧でちょっと焦りました。
最初は6300円ですなんて言っていたのに最終的には8600円になってしまいました。
しかも疑問を感じたのが共布があれば安くなると言われてその時はないと思ったのですが
偶然にも運よく鞄の中にそのスーツの共布が入っていてそれを出したら今度はやっぱり
面積がどうのこうのと言い出して金額を釣り上げようとしているのに必死すぎるわけです。
もちろんこっちは洋服の直しの相場とかどういうふうに料金が決定するのかすらわからないので
何も言い返す術を持っていないわけなのですがそれでもこの流れだとなんとなく損をしている
感じが滲み出ているのでせめてそれなら最初から変動しない値段を言ってくれと思いました。
まあスーツの値段を考えれば直しの値段なんて安いのでせめて綺麗にしてほしいですね。

コメントは受け付けていません。